「大人の教養・知識・気付き」を伸ばすブログ

一流の大人(ビジネスマン、政治家、リーダー…)として知っておきたい、教養・社会動向を意外なところから取り上げ学ぶことで“気付く力”を伸ばすブログです。目下、データ分析・語学に力点を置いています。

MENU

フランス語文法・その2(19/X)

19. 数・時間・日付

19.1 99までの基数

  • 0から20までの基数は以下で与えられる。
    0 zéro  
    1 un, une   11 onze
    2 deux   12 douze
    3 trois   13 treize
    4 quatre   14 quatorze
    5 cinq   15 quinze
    6 six   16 seize
    7 sept   17 dix-sept
    8 huit   18 dix-huit
    9 neuf   19 dix-neuf
    10 dix   20 vingt
  • 21から59は10毎に数え、un(e)のみ\mathrm{et}でつなぎ、それ以外は-で結合する。
    21 vingt et un(e)   32 trente-deux
    22 vingt-deux   33 trente-trois
    23 vingt-trois   40 quarante
    24 vingt-quatre   41 quarante et un(e)
    25 vingt-cinq   42 quarante-deux
    26 vingt-six   43 quarante-trois
    27 vingt-sept   50 cinquante
    28 vingt-huit   51 cinquante et un(e)
    29 vingt-neuf   52 cinquante-deux
    30 trente   53 cinquante-trois
    31 trente et un(e)  
  • 60から99は20ごとに数える。
    60 soixante   74 soixante-quatorze   87 quatre-vingt-sept
    61 soixante et un(e)   75 soixante-quinze   88 quatre-vingt-huit
    62 soixante-deux   76 soixante-seize   89 quatre-vingt-neuf
    63 soixante-trois   77 soixante-dix-sept   90 quatre-vingt-dix
    64 soixante-quatre   78 soixante-dix-huit   91 quatre-vingt-onze
    65 soixante-cinq   79 soixante-dix-neuf   92 quatre-vingt-treize
    66 soixante-six   80 quatre-vingt   93 quatre-vingt-quatorze
    67 soixante-sept   81 quatre-vingt-un(e)   94 quatre-vingt-quinze
    68 soixante-huit   82 quatre-vingt-deux   95 quatre-vingt-seize
    69 soixante-neuf   83 quatre-vingt-trois   96 quatre-vingt-dix-six
    70 soixante-   84 quatre-vingt-quatre   97 quatre-vingt-dix-sept
    71 soixante   85 quatre-vingt-cinq   98 quatre-vingt-dix-huit
    72 soixante   86 quatre-vingt-six   99 quatre-vingt-dix-neuf
    73 soixante-treize    

18.2 100以上の基数

  • 100の概数は-\mathrm{s}を付ける。しかし後に別の数字が続く場合は-\mathrm{s}を付けない。
    100 cent   201 deux cent un
    200 deux cents   326 trois cent vingt-six
    300 trois cents   572 cinq cent soixante-douze
  • 1,000を表す\mathrm{mille}は変化しない。\mathrm{cent}\mathrm{mille}もunを前に置かない。
    1.000 mille   10\ 000 dix mille
    1.001 mille un   200\ 000 deux cent mille
    1.200 mille deux cents   582\ 478 cinq cent quatre-vingt-deux mille

quatre cent soixante-dix-huit
    2.000 deux mille  
    3.500 trois mille cinq cents  
  • フランス語では、英語ではカンマを使う桁切りにピリオドもしくはスペースを用いる。フランス語ではコンマは小数点を表すのに用いる。
  • \mathrm{million}は名詞で別の名詞の前では\mathrm{de}を付ける。しかし他の数字が\mathrm{million}と名詞の間に入る場合、\mathrm{de}は使わない。\mathrm{cent}\mathrm{million}の前では複数形になる。                                             
  • フランス語の\mathrm{million}は名詞であるから、別の名詞の前では\mathrm{de}を伴う。しかしもし別の数字が\mathrm{million}と名詞の間に用いられるならば、\mathrm{de}は用いない。なお\mathrm{cent}\mathrm{million}の直前では複数化する。フランス語では10億は\mathrm{milliard}\mathrm{million}と同じ用法である。1兆はフランス語で\mathrm{billion}である。
    un million de livres 100万冊の本
    deux millions d'habitants 200万人の住民
    trois million trois cent mille étudiants 330万人の学生
    deux cents millions de Russes 2億人のロシア人
    deux cent soixante-cinq millions d'Américains 265万人の米国人

18.3 序数

  • 大抵の序数は接尾辞-\mathrm{\grave{e}me}を加えることで出来る。例外は\mathrm{premier},\mathrm{premi\grave{e}re}である。末尾が-\mathrm{e}で終わるものは\mathrm{e}を除外する。
  • \mathrm{premier},\mathrm{premi\grave{e}re}は1番目の意味でのみ用いる。X1番目の意味では\mathrm{uni\grave{e}me}を用いる。
    deuxième 2番目   dix-septième 17番目
    quatrième 4番目   vingtième 20番目
    cinqième 5番目   centième 100番目
    huitième 8番目   millième 1,000番目
    neuvième 9番目   quatorze centième 1,400番目
    dixième 10番目   trois mille cinq centième 3,500番目
    quatorzième 14番目   vingt et unième 21番目
    quatre-vingt-unième 81番目   soixante et onzième 71番目
    cent unième 101番目  
  • 分数を表現するには序数を用いる。ただし半分、3分の1および4分の1は\mathrm{la\ moiti\acute{e}}\mathrm{la\ tiers}および\mathrm{la\ quart}と表現する。
    le quart des élèves
    les cinq sixième des enseignants
  • フランス語では日付や王・王女の名前の後に序数ではなく基数を用いる(ただし\mathrm{premier},\mathrm{premi\grave{e}re}で1日・1世を表す場合を除く。)。
    le premier juin 6月1日   le vingt-cinq août 8月25日
    Henri IV アンリ4世   Charles II シャルル2世
  • 概数を表す名詞を創るには接尾辞\mathrm{aine}を付ける
    une dixaine de lettres 約10通の手紙
    une vingtaine d'étudiants 約20人の学生
    des centaines de gagnants 約100人の勝者

18.4 時間を表す表現

  • フランス語で時間を尋ねる表現は\mathrm{Quell\ heure\ est}-\mathrm{il}?(もしくはより口語的なものとして\mathrm{Il} \mathrm{est} \mathrm{quelle}] \mathrm{heure} ?)を用いる。その返答には\mathrm{il\ est}および時間表現を用いる。
   Il est une heure. (ちょうど)1時である。
   Il est onze heures. (ちょうど)11時である。
  • 30分を超えない範囲で時間単位を超えた分数を表現する際は時間に直接続けて表現する。\mathrm{quart}および\mathrm{demie}を付与する際は\mathrm{et}を追加する。
   Il est quatre heures cinq. 4時5分である。
   Il est quatre heures et quart. 4時15分である。
   Il est quatre heures vingt. 4時20分である。
   Il est quatre heures et demie. 4時半である。
  • ある時間の何分前という表現をする際、\mathrm{moins}を用いる。たとえば\mathrm{Moins\ le\ quart}は45分(1時間の15分前)の意味である。
   Il est cinq heures moins vingt. 4時40分である。
   Il est cinq heures moins le quart. 4時45分である。
  • 正午は\mathrm{il\ est\ midi}、真夜中は\mathrm{il\ est\ minuit}で表現する。
   Il est midi midi moins le quart. 正午である。
   Il est midi midi et demi. 正午である。
   Il est minuit minuit dix. 深夜12時である。
   Il est minuit minuit et quart. 深夜12時である。
  • 何かが生じた時間を表す際には前置詞\grave{a}を用いる。
   À quelle heure est-elle arrivée ? 何時に彼女は着いたのか。
   À huit heures moins le quart. 7時40分である。
  • フランスでは米国と同様に口語体において物理クロックタイム表示(〇)がより普通である。旧来の表現はあまり使われなくなっている(△)。
  Il est minuit et quart. 12時15分である。
  Il est cinq heures moins le quart. 4時45分だ。
  Il est quatre heures et demie. 5時半だ。
  Il est six heures pile. 6時ちょうどだ。
  Il est tard/tôt. 遅い/早い。
  Il se lève tard. 彼は遅く起きた。
  Il se couche tôt/ de bonne heure. 彼は早くに床に就いた。
  Je suis en retard/ en avance. 私は遅刻だ/早い。
  Je suis à l'heure. 時間通りだ。
  Ma montre avance (de cinq minutes). 私の時計は(5分)進んでいる。
  Ma montre retarde (de cinq minutes). 私の時計は(5分)遅れている。
  être matinal 早起きである
  se coucher tôt 早々に床に入る
  faire la grasse matinée 夜更かしする
  • 公的な表示では24時制が用いられる。この表示法では正午(\mathrm{midi})および深夜12時(\mathrm{minuit})はそれぞれ12時(\mathrm{douze} \mathrm{heures})24時(\mathrm{vingt}-\mathrm{quatre} \mathrm{heures})に置き換えられる。時間の後に続く分数には1から59までで勘定され、\mathrm{et}\mathrm{moins}\mathrm{quart}および\mathrm{demie}は用いられない。またAMやPMに相当する\mathrm{du\ matin}\mathrm{de\ l}'\mathrm{apr\grave{e}s} \mathrm{midi}\mathrm{du\ soir}および\mathrm{de\ la\ nuit}もまた用いられない。
   La première séance du film est à 18 h 14. その映画の初上映時刻は午後6時14分だ。
   Le train pour Berlin part à 13 h 48. ベルリン行き電車は午後1時48分に発車する。
   Le départ est prévu pour 0 h 35. 午前0時35分に出発予定だ。
   Boutique fermée entre 12 h et 14h. 正午から午後2時の間、店は閉店する。

18.5 日付・年

  • 日や週、月および季節を表す表現は以下のとおりである:
    曜日 lundi 月曜日 vendredi 金曜日
    mardi 火曜日 samedi 土曜日
    mercredi 水曜日 dimanche 日曜日
    jeudi 木曜日
    janvier 1月 juillet 7月
    février 2月 août 8月
    mars 3月 septembre 9月
    avril 4月 octobre 10月
    mai 5月 novembre 11月
    juin 6月 decembre 12月
    四季 le printemps l'automne
    l'été l'hiver
  • 時点を特定するにはフランス語ではいくつかの表現がある。
   週の曜日を述べる際には冠詞を付けない
   反復または習慣を述べるのに週の曜日を述べる際には定冠詞\mathrm{le}を付ける
   1年の月または季節に言及するには\mathrm{en}を付ける(ただし春のみ\mathrm{au\ printemps})
   日付を表現するのに\mathrm{le\ printemps}を除き序数を用いる。日付を特定するには定冠詞\mathrm{le}を付与する。1週間のある曜日を表現するにはonと同じ意味での前置詞は不要である
   数字で日付を表す際は日⇒月の順番である
   年は\mathrm{mil}を用いることがあるものの、通常1999 年までは百の位単位で表す。何らかの事象が生じた特定の年を表すには前置詞\mathrm{en}を用いる。
   英語と同様に、口語で現在の世紀のある年を表す際には、末尾十年単位のみを表現することもある。
  E.g. Il arrivera lundi.
    Je l'ai vue dimanche.
  E.g. Je n'ai pas de cours le mardi.
    Et moi, je travaille le vendredi.
  E.g. Tu prends tes vacances en mai.
    Tu as raison. C'est agréable, les vacances au printemps.
  E.g. Je croyais que tes cousins arrivaient le trente novembre.
    Non, c'était prévu pour le premier décembre.
  E.g. 25.8.19 25 août, 2019
  E.g. en dix-sept cent quatre-vingt-neuf
    en mil sept cent quatre-vingt-neuf
    Je sius né en dix neuf-cent quatre-vingt-neuf.
  E.g. Elle est partie en quatre-vingt-onze.
  • 日付に関連した便利な表現:
  Quelle est la date (aujourd'hui) ?

Le combine sommes-nous ?
(今日は)何日ですか。
  C'est le premier juin.

Nous sommes le premier juin.
6月1日です。
  Quel jour sommes-nous ? 何曜日ですか。
  C'est mercredi.

Nous sommes mercredi( aujourd'hui).
(今日は)水曜日です。
  au début de juin 6月の始め
  à la mi-juin 6月半ば
  vers la fin de juin 6月終わりに向けて
  des gens en dimanche 晴れ着を着た人々
  Poisson d'avril ! エイプリル・フール
  Il te rendra ton argent la semaine des quatre jeudis. 君は彼から決してお金を返してもらえない。
プライバシーポリシー お問い合わせ